感動・・・。桜の郷看護学校の戴帽式にて

勇気のしずく 長谷静香です。

今日は、独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター付属桜の郷看護学校の戴帽式にお招きいただき、参列してきました。

実は、今までは、電車でいったり、夫に車で送ってもらったりしていたので、初めて高速に乗って一人で行くのは初めて。
(運転が苦手なので、関東で高速に乗ったのは、13年のうち、おそらく3回目くらい)
ドキドキしましたが、無事に到着。

入り口で、駐車場を探すのに、「ご来賓ですか?」と聞かれ、「え、いや、こちらの講師をしていまして・・・・」としどろもどろ・・・。

来賓扱いだったことに、後で気づきました。

学校に入ると、先日、出版パーティーにも来てくださった小笠原副学校長、梶原教育主事や、先生方が、すぐにお声をかけてくださって・・・。
ほっとしました。

人って、やっぱり新しい場所は緊張します。
そんなとき、知っている方が声をかけてくださるだけで、安心するんですよね。

そして、戴帽式の会場である体育館へ。

おごそかなムードで式がとりおこなわれました。

4月にご一緒した1年生のみなさん。
白衣姿が、とっても似合っていました。
キャップ、エンブレムをいただいた戴帽生のみなさん。素敵でした。

誓いの言葉として、ナイチンゲール誓詞をみなさんが披露されたのですが・・・。

途中、涙が出てきてしまって・・・。
初心を思い出しました。

このような場にご招待いただけたこと、本当に感謝です。
ありがとうございます。

そして、式終了後、学校の玄関に出たら、たくさんの戴帽生が、写真を撮っていて・・・・。

すると、数名の学生さんが

「先生!」と声をかけてくれて。

「一緒に写真とりましょう~♪」って言ってくれたんです。


(掲載の許可は得ています)

たった二日間の講師だったけど、ちゃんと覚えてくれていて、声までかけてくれて・・・。
嬉しかった~。

ありがとうございました。

家に帰って自分のアルバムも見てみました♪


なんと、ちゃんと戴帽式の式次第も取ってた!!!
並べてみました。
懐かしい・・・。

26年も前になるんですね~。

桜の郷看護学校は、実は今年で閉校します。
常磐大学の看護学科になるのです。

ですから、最後の1年生。最後の戴帽式。
そんな中、関わらせていただき、本当にうれしいです。

今回の1年生の講義も、「看護師のためのアドラー心理学」のある部分に大変生かされています。

1年生が、最後に書いてくれたアンケートを元に、看護学生編は書かせていただいています。

「本を出したの♪みんなのおかげで書けたよ♪」と伝えたら、
「先生、そんな風に言ってくれてうれしい~」と。

私メッセージしっかり使ってくれている♪ うれしいです。

桜の郷看護学校は最後ですが、

また、ご縁があれば、看護学生、看護師、医療従事者の方向けに、研修などさせていただけたらいいな・・・と思っています。

最後に26年前の私の戴帽式の時のショットを♪

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です