信じて待って…待って…任せて…ようやく変化が見え始めた(小2・次女編)

勇気のしずく 長谷静香です。

火曜から、我が家の小学生は、新学期が始まりました。
つくばは、2学期制なので、先週金曜日が終業式。

昔は通知表と呼んでいたもの。今は「あゆみ」という名前でいただいてきます。

5年生長女、2年生次女。
それぞれの形があるけれど・・・。

最近の次女にとてもうれしい変化があって。

それをここに綴りたいと思います。

昔の次女の事を書いたブログ記事(アメブロ)をご存知の方もいるかもしれませんが・・・。

我が家の次女ちゃんは
かなりのマイペース。

長女はどちらかというと
なんでも、さささ~っとそつなくこなすタイプなのですが。

次女は、マイワールドをしっかり持っている。

学校の宿題も、週末の場合。
私や長女は、金曜の夜に終わらせて、土日、解放感にひたりながら、休日を満喫したいほうですが・・・。

次女は、
「土曜も、日曜もあるから、今(金曜の夜は)やらない!」
というタイプ。

まあ、本人がそれでいいというのなら、それでいいでしょう。

ということで、何回か見守っておりましたが、

ある時、結構な量の宿題がでていて、
日曜の夜、12時近くまでかかってしまった・・・。

(でも、それでもやらない!という選択肢はなく、ちゃんとやるところが
えらいな~と尊敬する)

そのころからか?
出来るだけ、金曜日には終わらせるようになってきて。

この三連休は、自分なりに予定を立てていたみたい。

金曜日:宿題を終わらせる。
土曜日:机の上や中を片づける。
日曜日:ある目的を達成する!

「ママ、金曜日には、宿題を終わらせてしまうから、土曜日は、お片づけ手伝ってくれる?」
と、お願い口調。

お片づけは、去年、アドラー仲間の丸山郁美ちゃんから直々に教えをもらっている次女。
(昨年1年生向けの講座でお呼びしました)

 

「だして、わけて、えらんで、しまう!」と、言いながら、着々と終わらせていきます。

そして、土曜日の夜。
お風呂に入っている時に、

「あのね~ママ」とおもむろに切り出す次女。

「実はずっと言いたかったけれど、言えなかったことがあって」

うんうん。

「前、ねえねに、この家さ~、ちょっと片づけようよ。もっときれいにしようよ、って言ったの。」

うんうん。(私が忙しいのもあって、かなり汚い・・・)

「そしたら、“は~~~?まず、自分の机、片づけてから、いいなよ!”って言われたんだ・・・・」

「でもね、もう言えるよね!片づけたもん!」

と、ニコニコ笑顔の次女。

そっか、そっか。。。。

ゆっくりさんで、何でも後回しにするタイプだった次女が、
少しずつ計画的に、先の見通しを立てて、生きようとしている。

その姿が、嬉しくて・・・・。

今日も、遠足だったのだけど、前の日に宿題も全部終わらせていたし!

細切れ時間に、ドリルを開いてちょっとずつでも勉強しようとしている。

そんな姿がいじらしくて、かわいくて・・・・。

ありがとう・・・・って言いたいです。

いつかきっとできる!
大丈夫!この子は大丈夫!

そう信じて・・・。信じて・・・・。
待って・・・。待って・・・。

任せていたら・・・・。

ようやく動き出してくれました。

色々やることできたので、月曜休日は、家族で公園にもちょっとだけ行けましたよ~。

もちろんね、テストの成績とか、全然だし、
勉強は、あいかわらず、ゆっくりペース。

でもいいんです。

彼女なりの生き方を応援していきたい。

どんな次女もまるごとOK。
そんな風に一番近くにいて支えていきたい。
サポートしたい。

一番近くで応援させてもらえる特権♪
ありがたくありがたく頂戴して。サポートしていきます。

最後までお読みくださりありがとうございました。

勇気のしずくの長谷静香でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です