220名ご参加!本も完売!岐阜県モラロジー協議会女性クラブ主催の講演会無事終了

長谷静香です。

昨日、今日と講演会が続いています。
先ほど、つくば市の幼稚園の家庭教育学級の講演会が終わり、戻ってきました。

今日は、この後夕方から ある方の新刊の出版記念講演会とサイン会に東京まで行ってきます。

我ながら、パワフルだなと(笑)思いつつ・・・。

でも、楽しいし、大好きなことだから、ワクワクしていると疲れ知らず・・・なんですよね。
=========

さて、昨日は、朝6時に家を出て、岐阜県瑞浪市へ。

岐阜県モラロジー協議会 女性クラブ主催の「女性のつどい&バザー」
講演会:『勇気づけ子育てであなた色の人生を』に登壇するためです。

現在、私は、モラロジー研究所の「心の生涯学習誌 れいろう」で、今年の1年から連載をさせていただいております。

その連載をご覧になった岐阜の大垣事務所のHさんが、お声掛けくださったことがはじまりです。

Hさんがアドラー心理学に出会われたのは、2012年の4月。

岩井俊憲先生が 『致知』で書かれた「勇気づけがよき人生の未来をひらく」
を読まれたことがきっかけだそうです。
その時は、子供の事で自責の念に囚われていたけれど、こらから未来(前へ)向かって行く為に考えて行こうと思え、遭遇する出来事には意味がある。の言葉で救われたとのこと。
アドラー心理学に出会えたことに感謝され、ぜひ、岐阜県モラロジー女性クラブの講演に来ていただきたい!そのような思いを伝えてくださったことからはじまりました。


岩井先生の記事が私の講演会につながっている・・・。感慨深いです。

熱い想いを伝えてくださったHさんにもお会いできる!
待ってくださっている皆様にお会いできる!
そんなワクワクした気持ちを抱え、つくばを出て、東京、名古屋、そこから在来線で瑞浪まで。
ほぼ4時間の旅。

瑞浪に到着すると、お迎えのMご夫妻が「歓迎!長谷静香先生」と書かれたプレートを持って待ってくださっていました。
(ありがとうございます)

到着して、バザーを見学させていただき、皆様が作られたご飯やお菓子、果物をお昼ご飯に頂いて、講演開始。

なんと、託児のお子さんも合わせて220名!!の方が来てくださいました。
びっくりです。

0歳から~20代~80代の方までいらっしゃったようです。

天井の高いとても素敵なホール。

70分、一本勝負で、心を込めてお届けさせていただきました。

今回の「あなた色の人生を」というキーワード。

・自分を大切にすること
・自分の人生の主人公は自分ということ

さまざまなことをお伝えしました。

たくさんの嬉しい感想をいただきましたが、驚くのは、みなさますぐに行動しよう!と決めて、宣言してくださっていることです。

明日から、いえ、今からでもすぐ、自分自身を含めて家族や周りの方のいいとこさがしを積極的にしていこうと思います。
素晴らしい講演、有難うございました。

 

沢山の気づきを頂きました。
ありがとうございます。
まず、主人のことをひとつずつ勇気づけしたいです。
そして、毎日自分自身のヨイ出し、3つ心がけます。(アラーム付けました)

 

 

子どもに対しては、共感したり、誉めたり、きいたりしてあげなきゃ!!と関わっていたが、自分をみつめたり、自分のことを考える時間がなく、結局子どもにぶつけてしまう・・・という負のスパイラルで、自分のことを自分でみとめてあげて、しずくをいっぱいにして、まわりにわけてあげられるようになりたいと思いました。

 

どんな自分にもOKを出しながら、前向きに生きていこうと改めて思いました。
性格とは生き方ですと、どうどうと言えるような自分になれますよう、自分の心の器にしずくをためていきたいと思いました。
ありがとうございました。
Yuri様

 

自分をみなおすという気持ちは、とても新鮮でした。
”自分の人生の主人公は自分”という事も、今の自分ががんばっている姿がみえました。
優しい先生の声にとてもいやされました。病気の時に、自分の体の声を聞く事はしていましたが、今の自分をもっともっと大切にしたいと考えました。有難うございました。

 

いつも子供に、相手はかわらないから、自分がかわるしかないんだよと話していますが、まず私がかわらなければ、と気づかせていただきました。
毎日なんとなく主人や子どもに「おはよう」と声をかけていましたが、心を込めてあいさつをし、たくさん話をしていきたいと思います。
「私だけ」などの気持ちがいつも先に立っていましたが、小さなことでも、感謝の気持ちを言葉にして伝えていきたいです。
ありがとうございました。
じゅん子様

他にもたくさんいただいております。
ありがとうございました。

今回、『看護師のためのアドラー心理学 人間関係を変える、心に勇気のひとしずく 』と『看護師のためのアドラー流子育て・自分育て 』を20冊ずつ持って行ったのですが、すべて完売! そして、足りないくらいに・・・・。

こんなに行列!!!

最後の方の方は、かなり待たれたことと思います。ありがとうございます。

お一人お一人とお話もさせていただきました。

すでに、拙著を読んで、ワークに取り組みました!と言って下ったり、
「れいろうの連載楽しみにしています!いつも一番に読んでいます!」と言ってくださったり、
握手を求めて下さったり、
講演の感想を伝えて下さったり、
そっとお子様の相談をされたり。。。

思いがあふれるサイン会♡となりました。

時間がなくて、サインをあきらめて帰られた方もいらしたそうです。
もしも、ご希望でしたら、サイン入りをお送りしますので、ご連絡くださいね♪

今回素晴らしい会を企画運営してくださった担当の皆様方。
(写っていらっしゃらない方もいると思います。すみません)

本当にありがとうございます。
「また来てください!」って言っていただけて、本当にうれしかったです。

あたたかい皆様と素晴らしい時間を過ごせて、本当に幸せでした。
そして・・・・。

そもそもモラロジー研究所とのご縁をつないでくださったのは原田綾子さんです。
綾子さんと、岩井先生。
このお二人無しに、今の私はありません。

本当に感謝の限り・・・です。

私も、これからも人とのご縁を大切にしつつ、私の周りの方々にも、ご縁と勇気と愛を広げていけたら・・・・と思っています。

ドロップエフェクト!
しずくの1滴。

ゆるりと続けていきます。

======

実は・・・。
講演会の後、9年越しくらいにずっとお会いしたかった方に会いました。
まだ、私が勇気づけも学んでいなくて、ベビーサイン講師として活動していた時に、ネット上で出会った方。
その方との時間もプライスレスでした。
そのことは、また別記事に書こうと思っています♪

最後までお読みくださりありがとうございました。
長谷静香でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください