子どものお稽古事の大会や発表会、行きたくないって言われたらどうする?その②

子どものお稽古事の大会や発表会、行きたくないって言われたらどうする?その②

長谷静香です。

連続シリーズで書こうと思っていたコチラ。
その②を書いてみたいと思います。

何の話?と思われた方は、まずこちらをご覧ください。

>>>子どものお稽古事の大会や発表会、行きたくないって言われたらどうする?その①

2月4日。大会当日。

とりあえず、行くのは、行ったのですが、会場に着いて、一度練習をした途端・・・・。

「やっぱりやらない」と座り込んでしまった次女。

会場の広さに圧倒されたのでしょうか?
少し目もうるんでいます。

「そっか」と私もそっと隣で体操座り。

「どっちでもいいんだよ」とぽつりと声掛け。

そのうち、お友達が

「練習しなくてもいいの?」
「直前に練習して、先生がアドバイスしてくれたことが、けっこう試合につながるんだよ」

って、アドバイスしてくれます。

きっとね、良かれと思って言ってくれているんだけど、たぶん、彼女はそのモードではない。

そして、逆に今はつらい言葉かも・・・。

引っ込み思案の次女は、その言葉にも何も言うことができない。

なので、
「ごめんね、いろいろ事情があるんだ」ってそっとそのお友達に伝えました。

もう難しいかな?

そう思って、先生に
「やっぱり無理かもしれません」
と伝えて。

開会式にも並ばず、端っこの方で見ています。
少しもやもやするけれど、ここまで来れただけでもいいじゃない。・・・と私が私に声掛け。

すると、開会式が終わって最初に全体で写真撮影とのこと。

先生が
「写真だけ写ろうよ~」と誘いに来てくださいました。

ちょっと渋ったものの、写真だけなら・・・とぽつりぽつりと歩いてみんなのところに行く次女。

そして、試合が始まります。

写真でみんなのところに行けたから、行けるかな?と思いきや、
無理。。。

「出ない」「出ない」

でも、そこに、先生が来て下さいました。

「〇〇ちゃん、先生ね、くじ〇○ちゃんの分、引いてきちゃった。
5番だよ~、いこっか~」

と、そおっと手をにぎってくださいます。

わたしは、もうここは課題の分離。

お稽古事は、子どもの課題。

そして、もう先生と次女に任せる。口出ししない。

あえて目も合わせず、気配で次女を見守ります。

すると!

なんと立ち上がって、先生と一緒に行くではありませんか!!!

え~~~、行っちゃうの???

ほんと、びっくりです。

そして、並んで指定の位置に立っています。

「面を打て!」

「め~~ん」

ちゃんと声を出して、型をやっています。

そして、試合なので、2人ならんで、どちらが勝ったかを競うのですが・・・。

次女は、白。

審判4人?5人?(記憶があいまい)

旗をたくさん挙げてもらった方が勝ち。

すると・・・。

まさかの全員白!

初戦!勝ちました!!!

びっくりです。

出ないって言っていたのに、
ちゃんと前に出て、型をやれた。

次の試合は負けてしまったのですが、ベスト8には入ったので、賞状をいただだけるそう。
(2年生全員で15名くらいの少ない大会です。)

賞状を頂く!?なんて、そんなこと起こるわけがないと思っていた私たち。

さてさて・・・・。

まだまだ大会は続きます。

その③へ・・・・。

最後までお読みいただきありがとうございました。

長谷静香でした。


===========
講座・イベントのご案内
===========

■【2/17(土)】つくば研究学園展示場5周年記念感謝祭・子育て応援企画■

●ママたちのお悩み相談会 ~心のボトルを勇気のしずくでいっぱい満たそう!~
参加費無料・「看護師のためのアドラー心理学」書籍プレゼントつき
詳しくは、コチラから

■心のエステ・勇気づけグループコンサル■

2月開講(残1)
詳しくはコチラから。

■【2/24(土)】福岡・特別講演会■

「医療・介護の現場におけるアドラー心理学」
人間関係を変える、心に勇気のひとしずく
~疲弊した心、折れそうな心への処方箋~
どなたでもご参加いただけます。
詳しくはコチラから

■【4/8(日)】アドラー心理学ゼミナール(ヒューマン・ギルド)■

「ひとりで頑張らない!笑顔とご縁とイメージで夢をどんどん叶えるコツ」
内容紹介:小さな頃から頑張り屋の私。困難や劣等感をバネに「even if」の精神で生きてきました。しかし、アドラー心理学と潜在意識に出会って、ゆるっと6割主義に。アドラー心理学は知らないけれどアドラー流だったわが家の雰囲気、両親の教え、一番大事だと思っている「人とのご縁」のことなどを踏まえ、夢を叶えるコツをお話ししたいと思います。
詳しくはコチラから

■お知らせ■

====著書紹介====

恩師・岩井俊憲先生との共著です。

看護師のためのアドラー心理学 人間関係を変える、心に勇気のひとしずく (看護師のしごととくらしを豊かにする)

===========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です