子どものお稽古事の大会や発表会、行きたくないって言われたらどうする?その③&結論

子どものお稽古事の大会や発表会、行きたくないって言われたらどうする?その③&結論

長谷静香です。

こちらのシリーズ。

初めて来られた方は、まずその①、その②をお読みいただけたら・・・と思います。

>>>その①

>>>その②

基本動作と言われる型を試合形式でやって、8位に入賞した次女。

やらないと渋っていたのに、出ただけでもすごい!と思うのに、賞をいただけるなんて・・・。

と、感動していたら、大会はどんどん先に進みます。

次の打突。(戦い形式の試合)

相手と剣を持って戦います。

「1回やったから、もうやらない」
「打突はやらない」と、またもや固まる次女。

でも、スポチャンのT先生、本当に勇気づけ先生なんです。

「〇○ちゃ~ん、また先生、くじ引いてきたよ~。
そしてなんと1試合目やらなくてもいい、不戦勝だよ~」

と、するするっと次女のそばにきてくれます。

「次はね、同じ幼稚園出身の〇○ちゃんが相手だから、いつもやっているのと同じだよ、大丈夫!大丈夫!」

と、またそお~っと手をのばして、にぎってくれます。

魔法にかけられたように、すこし立つ次女。

ぽつぽつ先生と試合の場所に歩いて行きます。

そして・・・・そして・・・。

なんと、その試合も勝っちゃいました!

次女のすごいな!と思うところは、その場に行ってしまうと、泣くこともなく淡々とこなすところ。

緊張すると言いながらも、土壇場には強いのでしょうか?

そして次の試合。

次女より大きな男の子。
(男女混合の試合です)

先生がそばで、ごそごそ耳打ちしてくれています。

私の方がドキドキしてしまう・・・。

「初め!」

審判の声と共に、次女頑張ります。

何度も、何度も相討ちになって・・・。
なかなかお互いに一本がとれません。

自分より大きな男の子に向かっていく。

そして、最後、

男の子が面を打とうと剣を振り上げた瞬間

「突き~~!!」

と、得意の突きで一本!

え???

勝っちゃった・・・・。

あんなに「やらない」って渋っていた子が、

出ると決めたら、ちゃんと立って試合をしている。
あきらめず、立ち向かっている。
そして、自分より大きな男の子に勝った!

なんと、第3位。銅メダルです!

夫も私も、目頭が熱くなりました。(ちょっとこぼれちゃった)

先生が、うま~く声をかけ、ゆるく連れて行ってくださったおかげで、次女も、なんとな~く定位置に行き、試合に出れました。

本当に先生には感謝です。

きっとこれが

「ほら!〇〇ちゃん、せっかくきたんだから、行くよ!がんばって!」とか言われたら、たぶん逆効果だったのではないかな~。

「先生のおかげです!ありがとうございます」とお伝えすると、

「いえいえ、〇○ちゃんの力ですよ~。
いつも真面目に真剣にコツコツ練習しています。
だから、本番でも力を出せるんですよ~」
と、言ってくださいました。

確かに、コツコツ3年間、続けてきました。

後から聞いた話ですが、先生から言われたことは、すぐに取り入れて、練習の最中も、彼女だけは、いつも背中を伸ばし、正座をして過ごしているそうです。

結局、もう一つの試合(長剣)も、8位入賞!

3枚の賞状と銅メダル一つを持ち帰ることになりました。

「〇○ちゃん、どうだった~?」と聞くと、

「できないっておもってたけど・・・・できちゃった~(笑)」と。

そして、

「来年も出る~♪」と。

出れないと思っていたけど、出れた!
出たら、勝てた!
メダルももらえた!

この成功体験は、彼女にとって、とてもとても大きな自信につながったのではないかと思います。
(しかも、春分で新しいスタートの日!)

翌日も先生とお会いしてお話ししました。

感謝の気持ちを伝えるとともに、

「少し強引に試合に出ることにしたのを後悔していたんです・・・」と伝えると

「お母さん、でも、それ、いいことでしたよ!
お母さんは、〇○ちゃんにチャンスを与えてくださったんです。
そういう場を与えてくださった。
連れてきてくださったから、〇○ちゃんは、チャレンジすることができたし、結果を出せたんです。
ありがとうございます。」

って言ってくださいました。

スポチャンの先生!本当に勇気づけ先生です。

後悔していた私の行動にまでヨイだししてくださいました。

確かに、ある意味、私と夫の行動は、消極的な次女の背中をそっと押す行動だったのかもしれません。

私の受講生さんの中でよく言われる・・・いわゆる静ドン(笑)ですね。

家族みんなで次女のスポチャン大会に行って、みんなで応援して。

心に残る一日になりました。

次女の行動に、本当に感動をもらいました。

そして、タイトルの結論。

子どものお稽古事の大会や発表会、行きたくないって言われたらどうする?

勇気づけの関わりでは、子どもの気持ちを尊重します!

家族で相談し、子どもの思いをしっかり聞いて、選択肢をいくつか提示します。(低学年の場合)

高学年だと、自分で考え、決められると思います。

お稽古事は、基本、子どもの課題 なのです。

親が介入することではない。

ですから、当日も、先生と子どもに任せました。

何も言わずに、見守る。

やや苦しい部分もありました。

でも、信じて、待って、見守る。

「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」

ということわざがあります。

今回私たち夫婦は、大会という水辺に連れていくことはしました。

でも、その後どうするかは、次女しだい。

先生と次女に任せました。

信じて待って任せる。

難しいけれど、子育てにはとても大切なこと。

今回の経験を通し、改めて実感しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

長谷静香でした。


===========
講座・イベントのご案内
===========

■【2/17(土)】つくば研究学園展示場5周年記念感謝祭・子育て応援企画■

●ママたちのお悩み相談会 ~心のボトルを勇気のしずくでいっぱい満たそう!~
参加費無料・「看護師のためのアドラー心理学」書籍プレゼントつき
詳しくは、コチラから

■心のエステ・勇気づけグループコンサル■

2月開講(残1)
詳しくはコチラから。

■【2/24(土)】福岡・特別講演会■

「医療・介護の現場におけるアドラー心理学」
人間関係を変える、心に勇気のひとしずく
~疲弊した心、折れそうな心への処方箋~
どなたでもご参加いただけます。
詳しくはコチラから

■【4/8(日)】アドラー心理学ゼミナール(ヒューマン・ギルド)■

「ひとりで頑張らない!笑顔とご縁とイメージで夢をどんどん叶えるコツ」
内容紹介:小さな頃から頑張り屋の私。困難や劣等感をバネに「even if」の精神で生きてきました。しかし、アドラー心理学と潜在意識に出会って、ゆるっと6割主義に。アドラー心理学は知らないけれどアドラー流だったわが家の雰囲気、両親の教え、一番大事だと思っている「人とのご縁」のことなどを踏まえ、夢を叶えるコツをお話ししたいと思います。
詳しくはコチラから

■お知らせ■

====著書紹介====

恩師・岩井俊憲先生との共著です。

看護師のためのアドラー心理学 人間関係を変える、心に勇気のひとしずく (看護師のしごととくらしを豊かにする)

===========

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です